NEWEST / < NEXT   BACK >

再調整

昨日買ってきた台座固定用のキャップボルトがキャリパと干渉するので再調整.
超低頭キャップ(M6×12mm)というボルトを用意した.



クロモリ鋼なので錆の心配はあるけど完全に干渉しなくなった.




後述になってしまうが,フォーク交換のディスク台座規格がISからPMへ変更になったため変換アダプタを用意した.
a2z AD-PMF74
こいつは160mmのPMから180mmのISへの変換してくれる.
が,加工精度が悪い.
平板を穴加工した後に折り曲げてるので,屈曲部近くの穴は変形してしまっている.
ヤスリで削る等の調整の必要.

入り用で用意した物で文句は言えないけど,shimano製の方が精度も強度も高い気がする….
でもワンポイントで赤があるって言うのも悪くないので,まぁいいや.(笑)

| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 18:39 | comments (0) | trackback (0) |

きつねさん

訳?あってFOX SHOX の'09 F100RLC.
ROCKSHOXの08' RECON RACEが役不足って訳じゃないけど,
やまなち三等兵氏のFLOAT 140RLCが羨ましかった訳じゃないです.
決して….

閑話休題



金曜の帰宅後20:00頃ゆうパックにて到着.
それから飯も喰わずに取り付け作業.

流れ的に
旧フォーク撤去

コラムカット

下玉受け移植

スターファングナット取付

ヘッドパーツ清掃

ブレーキ,メータケーブル取付

完成!

フォーク自体の取付は23:00頃には終了.
調整は他の用事もしながらの作業でもあったので,
気がついたら2:00過ぎていた.

やっちまったこと.

1:スターファングナットの取り付け失敗.(センタ曲がり)
2:台座がISからポストマウントへ変更になったので用意したキャップボルトが使えない.

1:は治具を即興で作成し,叩き込み直し.とりあえず治った.
2:は使っていないステムからボルトを外し,とりあえず使用出来るようにした.
翌日(本日)試運転を兼ねてホームセンタへ買い出し.
今回は焼き入れ品(材質不明)を止め,SUS304のM6×15mmのキャップボルトとした.
トータルで116円.

良いトコ.
まずは軽量化.(約300g)
車体のバランスが良くなり,重心がクランクの約50mm前となった.(縁端部の約300gの軽量化による効果.)

悪いトコ.
まだ判らないけれど,剛性が若干落ちているか?
当たりが出ていないので保留.

RECON Raceはしばしの休養.お疲れさん.
きつねさん.よろしくたのんます.
これで白いおみ足復活だ.

| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 18:30 | comments (2) | trackback (0) |

XR4.2D

サイド無しのディスク専用リムでこんな感じ.



これで400g
軽い!

| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 23:30 | comments (0) | trackback (0) |

Spoke No.2

とりあえずリアのみ張り終わり.
フロントはニップルを潰してしまったので注文した物が来るまでお預け.

何度か付けたり外したりしていたので,
ニップルのアルマイトが削れる削れる.
いずれやり直し.(苦笑)

| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 00:56 | comments (0) | trackback (0) |

Spoke

先日購入したホイルがスチールスポークだったため,思い切って張り替えることにした.

リムはDT SWISS製 XR4.2DとハブはFH-M775とHB-M775.
準備した物はDT SWISS製 COMPETITION 2.0/1.8とカラーアルミニップル.

さて,どうなることやら.

| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 21:56 | comments (2) | trackback (0) |

改修

今更ながら身長に対してトップチューブが長い.
適正サイズを海外サイトの Wrench Scienceで出してもらったら,
座った場所からハンドルまでの距離(overall length)は620mmが適正らしい.
正月の暇な時に適正ステム長を出してみたらこうなった.

自分用に作った奴なので見にくいけれど,
overall length(620mm)から仮想トップチューブ長(589mm)を引くと31mm
この線がとりあえずの目安.
余計なパラメータは考慮しておらず,シート位置でだいぶ変化があるので注意.

とりあえず0°では点線で表している約57mmが適正らしい.
50mm/8°は現在使用中の以前使用していたステム.(BAZOOKA ライト31.8ステム)
60mm/12°は気になっているいたステム.(SYNCROS AM Stem)

う~ん.どうしようか?と考えていたが,先日の山サイでステムの短さが気になりだして結局購入.


いや~,変わった変わった.見た目が….

ついでにフロント180mm化も完了.


次は何処いぢろうか?

| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 23:26 | comments (0) | trackback (0) |

ヘッドパーツ

冷やかしで行った桜木町のワイズロード.

なかなか品揃えは良いけれどほとんどがロードバイク.
マウンテンは少なく,フルサスは壊滅状態.
やっぱりフルサスって売れないのか?

でもパーツコーナはまだまだ充実している.
ゼロスタックタイプのヘッドパーツの在庫をしている店もこの店が初めてだ.
それとmanitouの06モデルが投げ売りしてた.
恐るべし….

| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 23:18 | comments (0) | trackback (0) |

Scandium

Scandium合金製のハンドルが届いた.



KCNC社製 Bearbone
Rise:1.5inch
Weight:260g(710mm)

重さは実測してないが相当軽い.
長さは725mmありまして結構いい加減.
両端70mmずつ切り落として現在585mm程度で重量は200g前半か?
少なくとも付属のハンドルの2/3程度しか重量がない.

そんなわけで取付のみの未使用品の
BAZOOKAのFreeride31.8
余ってます.


| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 21:10 | comments (0) | trackback (0) |

Range

オイルの染み込んだパッドの再生方法が何処かに出ていた.

メタルパッドのみ使える方法でレジンパッドには使えないらしいけどまだ試してない.
方法は電子レンジで“チン”するだけ.

冷静に考えると凄まじい方法だよな….

| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 07:56 | comments (0) | trackback (0) |

LRS(LowRatioSuspension)

台湾MERIDA社のHPでLRSについての説明を読んでいたら,
結構な事が判った.
場所はここ
後半(37p以降)に英文の説明あり.

LRS仕様のリアショックアブソーバの長さは規格化されているようで長さは320mm,ストロークは約63mm(例外もあり70mm).

規格品で確認した物は
DT Swiss 社 SSD 190L 320 mm
German:A.社 LRS Light
MANITOU 社 Swinger 3Way SPV
X-FUSION 社 O2 RL
X-FUSION 社 GLYDE
MDI 社 LRS-ECO
と結構各社関わっており,
また少し話が変わるが独 Centurion社でもLRSを採用したフルサス車を展開している.

生産はMeridaでつくってんだろうなぁ.

| Cycle日記::Mechanism:FLR1000 | 18:08 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >

Weather

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS

SUBARU News

PROFILE


2010年08月25日 (Wed)
サーバ移転しました.
旧ページと記事IDが
異なります.

Twitter

ARCHIVES

<前月 2017年11月 次月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

CATEGORIES

SUBARU

OTHER

  • 処理時間 0.35735秒
  • RSS 2.0

    POWERED BY

    BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
    RSS-ICON
    Get Firefox!
    Get Thunderbird!
    Take a deep breath!